葬式の花を並べている人

提案を大事にする

女性

冠婚葬祭は、人が生まれ、育ち、伴侶に巡りあい、そして命を終える人生の節々を、その人の関係する人々とともに体験する催し物のことがら全てを指して言います。
その中でも、葬儀は人生の終わりを迎えた人を弔うための儀式です。
日本では、遺体は公衆衛生上の観点から、火葬にするのが一般的です。
その前にお通夜があり、お葬式があります。
昔は、亡くなった人の近隣の家が、お通夜やお葬式の際に来客のためのもてなしの料理を作ったり、宿泊の宿を提供したりしましたが、現代ではほとんどの場合、会場を借りて、お葬式などについてよく承知している葬儀社に依頼して、さまざまな手配をしたりするようになっています。
また、お葬式も大掛かりなことはせずに、家族だけで静かに送るということも増えています。

世界では、キリスト教の場合にはカトリックやプロテスタント、またイスラム教やヒンドゥー教など、いろいろな宗教が存在しています。
葬儀についても、それぞれの宗教によって違っています。
日本でも、仏教がほとんどですが、神道やキリスト教などいろいろな宗教の葬儀があります。
神道やキリスト教式では、仏教とは大きく違いがありますが、仏教でも宗派によって、葬儀についてのしきたりが違っています。
冠婚葬祭の中でも葬儀は、たいへん厳粛なものですから、それぞれの宗教の違いをよく理解して参列する場合にも失礼の無いようにしたいものです。
参列することが難しい場合などは、弔電を送ったりご霊前の金封を現金書留で送ったりすることもできます。