葬式の花を並べている人

葬儀場の種類

お墓と花

人が亡くなると葬儀を行うのは、全世界共通の事柄です。
日本においても、人類が存在しはじめたころから行われていたものと捉えられています。
もっとも古い記録では、古事記に記載があります。
いわゆる庶民の葬儀の形としては、近隣住民などが助け合って準備をし、故人をお見送りするというのが日本の特徴です。
家族を失った悲しみに沈む身内に代わって、ご近所の方々が動くという姿は、今でも地方では残っている風習です。
また、日本において火葬と土葬が長らく混在していたことはあまり知られていません。
火葬が義務付けられたのは第二次世界大戦後と、比較的最近のことです。
古くから火葬が普及してはいたものの、地域の風習や宗教上の要因から土葬を続けている地域もありました。

人と同じくらい歴史のある葬儀ですが、時代とともに形式を変えて受け継がれています。特にここ数年増加しているのが、家族葬や密葬といった「小さいお葬式」です。
家族葬とは文字通り家族だけで見送る葬儀のことで、密葬とはそれに近い親戚や親友を交えたものです。日本では核家族化が進むと同時に、ご近所付き合いも年々希薄になっています。
会社員時代は付き合いのあった方でも、退職後数十年となると連絡が取れない方も多いものです。そうなると、自然と葬儀に参列してくださる方は限られます。
結果として、小さいお葬式となるというわけです。また、経済的な面を考慮して、家族葬・密葬を選ばれる方も増えています。
形式にとらわれるのではなく、満足がいく形でお見送りしたいという風潮の表れでもあります。こうした風潮は、無宗教葬の増加にも伺えます。
焼香ではなく花を供え、読経ではなく故人の好きな音楽を流すなど、故人・家族の納得のいく形を追求する風潮は今後も強まると予測されています。