葬式の花を並べている人

質問を行う

お墓

訃報は突然舞い込んでくるもので、葬儀へ参列する時もたいていの場合、準備は不十分です。
こう言った席の無礼はある程度大目に見てもらえるものですが、取り返しのつかない失敗だけはしないよう、知識を身につけておくのも1つの準備です。
一番目立つのは服装なので、喪服についてのマナーをまず覚えましょう。
最近では通夜も葬儀も喪服で参列するのが当たり前のようになりましたが、元々通夜は「駆けつける」ものです。
派手な色やデザインのものを避け、地味な色合いを選べば普段着でも問題ありません。
通夜だけで弔問を済ませ、続く葬儀には参列しないケースも増えているので、喪服を身につけ通夜式に来る参列者も多いようです。
もし、普段着のような姿で通夜に参列している人がいても「マナーがなってない」なんて注意しないように。
注意する方がマナー違反になってしまいます。

いくらマナー通りと言っても、やはり普段着で参列は出来ないと考えるなら、略式の喪服を用意しておきましょう。通夜だけではなく、後の法要や、間をおいて故人のお宅へ訪れる時などにも着用できます。
女性の場合、黒だけではなく、紺や灰色で、肌の露出が少ない物を選びます。靴は黒で、スニーカーやサンダルでなければ、ヒールの高低はあまり気にしなくても大丈夫です。
ストッキングは黒か肌色を着用しましょう。もう少ししっかりした服装なら、準喪服を選びます。
アンサンブルかワンピースの、ごく一般的に販売されている喪服が準正装となります。ストッキングは葬儀なら黒、通夜や法要なら肌色でも問題ありません。
正喪服は親族が着用し、着物が一般的です。洋装ならアンサンブルで、襟の詰まった物で長袖を用います。
スカート丈は膝下からくるぶしまでの間であればよく、膝上丈の物はNGです。アクセサリーはつけないか、一連の物を。
華やかな宝石は避け、真珠を用いるのが一般的です。正喪服としての和装はレンタルもありますので、必要になったら慌てずに、担当の葬儀社や行きつけの美容院などに相談しましょう。